2017年12月
« 11月    
123
45678910
11121314151617
18192021222324Gondo's Carol Brass Night 〜ゴンドウトモヒコのキャロルブラスナイト〜
25262728293031

Gondo’s Carol Brass Night 〜ゴンドウトモヒコのキャロルブラスナイト〜

  • 万世橋
  • manseibashi

 



今年も開催!ゴンドウトモヒコ プレゼンツ "Carol Brass Night"!


600曲以上あり日本にはまだまだ知られていないクリスマスキャロルの荘厳で美しい調べが旧万世橋の遺構に響き渡ります!


クリスマスイブを彩るクリスマスキャロルの演奏をフクモリでぜひ。


 


さらに今年は、クリスマス スペシャル定食付のチケットもご用意。


お食事後に素敵な音楽を堪能いただくディナーショーの様なスタイルもお楽しみいただけます。


 



1990年代初頭。米、ボストンの郊外スーパーの前、市場、この聖夜に毎年老若男女が各々楽器を持参して集う。


リハもなく4声のキャロルの譜面で自分の好きなパートを吹く。


お世辞にも上手いとは言えない演奏だが純粋で敬虔な音が心に響く。


帰国後はゆっくり企画をあたためながら、2013年に自分含めてクラシック専門とも言えない


オルタナな管楽器奏者を集めて毎年クリスマスに演奏会なるものを開催してきた。


これはルーツ。音楽のルーツともいえるこのクリスマスキャロルにメンバーも賛同してくれて早や5年。


今年はついに音源化、このシーズンだけの素晴らしい名曲の数々を伝えたい。 (ゴンドウトモヒコ)



 


【開催日】2017年12月24日(日)


【会場】 フクモリ マーチエキュート神田万世橋店  (千代田神田須田町1-25-4 )


【時間】 START 19:30


【出演者】ゴンドウトモヒコ(Euphonim)、田中邦和(Saxphone)、佐藤秀徳 (Trumpet)、三浦千明 (Trumpet)、湯浅佳代子(Trombone)、木村仁哉(Tuba)


【料金】5,800円 (クリスマス スペシャル定食・2drink付) ※お食事は17:45〜19:15  / OPEN 17:30〜


    3,800円(1drink付)※演奏のみ / OPEN 19:00〜


☆お食事会場と演奏会場が別れておりますので、お食事をしながら演奏を聞くことはできません。
☆スペシャル定食をお申し込みのお客様には、演奏会場のお席は指定席にてご用意しておりますので、ゆっくりとお食事をお楽しみいただけます。


http://fukumori-1224.peatix.com


上記サイトにて申込受付いたします。


●チケット代金は当日・現金での精算とさせて頂きます。
●当日の入場時には、電子チケットは使用いたしません。受付でお名前をお知らせください。
上記サイトからの予約制とさせていただきます。
●申し込み後、12/18以降のキャンセルは半額を頂戴致しますのでご了承ください。 


[お問い合わせ] info@fuku-mori.jp  / 03-3865-6081 (KKHK イベント担当 ※平日(11:00〜18:00)のみ)


 


【プロフィール】



ゴンドウトモヒコ(Tomohiko Gondo) / Euphonim


日大芸術学部卒業後、米、ボストン大学に留学、修士課程修了。専攻は電子音楽とユーフォニアム。2004年音楽家集団anonymassを結成し4枚のアルバムをリリース。YellowMagicOrchastraの日本でのライブおよびヨーロッパ、アメリカツアーにサポートメンバーとして常に参加。コンピューターと管楽器を使ったユニークなスタイルで多数のミュージシャンの録音やライブなどに参加している。国内では特異な"ポップスがわかるユーフォニアム奏者"としての側面を持ちつつも、作編曲家としてCM、サウンドトラックなども多数発表している。
2014年レーベル(株)愚音堂設立。gooondo.com  2015年よりeテレムジカピッコリーノ音楽監督。


 



田中邦和(Kunikazu Tanaka) / Saxphone


大学時代からジャズ、ポップスに傾倒し、以来サックスを独学にて修める。「幅広い音楽を俯瞰する」と評されるスタイルで、あらゆるサウンドに溶け込みつつ独自の存在感を醸し出す。ソロとしての活動の他、リーダー/サイドマンとして、レコーディング、制作、セッション等多数。国内外のjazz/Rockフェスティバルにも出演。オーセンティックなジャズからポップス、即興まで活動は多岐にわたる。東京大学文学部卒。
www.kuni-kuni.net


 



佐藤秀徳 (Shutoku Sato)/ Trumpet


福島県郡山市出身。東京藝術大学卒業。


ソロからオーケストラ、ジャズ・ポップスミュージシャンとのアンサンブルなど多方面で演奏しているフリーランスプレイヤー。シアターオーケストラトーキョー(Kバレエカンパニー)、横浜シンフォニエッタ、東京金管五重奏団などに所属。アンサンブルノマドレギュラーゲスト。2013年に参加したNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の音楽は全国的に大きな反響を呼んだ。ギタリスト佐藤紀雄とのデュオ「Barchetta」Tp3+Pf「Quartet Made in Fukushima」など室内楽でも精力的に活動している。


 



三浦千明(Chiaki Miura)/ Trumpet


1982年生まれ。洗足学園音楽大学卒業。トランペット、室内楽を故 中島大臣氏に師事。コルネットの可能性を模策中。しかし最近はフリューゲルホルンを吹き、コーラスをする機会が一番多い。トランペット以外にもシロフォンやグロッケンの鍵盤打楽器も演奏する。World standard、蓮沼執太フィル、yankanoi、星野概念実験室、トクマルシューゴ等、様々なライブやレコーディングに参加。ヤマハ音楽教室講師。


 



湯浅佳代子 (Kayoko Yuasa)/ Trombone


洗足学園音楽大学ジャズコース 器楽科を卒業 松本治氏に師事。ジャズをルーツとするがジャンルを越えた様々なアーティストのレコーディング ライブサポートに参加し、スタジオミュージシャンとしても多数の作品に名前を残している。(CM,アニメ、ゲーム、映画、ドラマ劇判等)近年では編曲家としての活動にも力を入れ、いとうせいこう主催 『したまちコメディ映画祭り=堺正章リスペクトライブ』やフランスの歌手クレモンティーヌが歌う『CLEMENTINE SINGS Disney~パリのお散歩 ディズニーマリー』のビッグバンドアレンジやKERA SOLO ALBUM『BROWN WHITE&BLACK』 にアレンジャーとして参加。堂島孝平楽団ではホーンセクションのチーフとアレンジを勤めている。2010年より WUJA BIN BINに参加 3作のアルバムをリリース。フジロックフェスティバルなど様々な音楽フェスにてパフォーマンスを行う。個人でのライブ活動も都内を拠点に様々な形態で勢力的であり、多様な音楽性溢れる楽曲が好評を博す。特に出身地である『千葉県 成田市』での大人も子供も愉しめるJAZZ LIVE『あなたと千葉と音楽と』は毎回好評を得ており成田市主催『成田市役所 市議会場 ふれあいコンサート』にも参加するなど地域に根ざした音楽活動に力を入れている。2017年 6月21日 ファーストソロアルバム How about this??~妄想劇判作品集を鈴木慶一、KERAがダブルオーナーを勤めるナゴムレコードよりリリース。


 



木村仁哉 (Jinya Kimura)/ Tuba


都立神代高校吹奏楽部でじゃんけんに負けてチューバに出会う。東京芸術大学卒業。稲川榮一氏に師事。大学在学中より本田祐也率いる「チャンチキトルネエド」(2013年活動休止)のメンバーとして活動する。2013年「あまちゃんスペシャルビックバンド」のメンバーとして紅白歌合戦に出場。2017年にはインバル・ピント&アブシャロム・ポラック演出の舞台「羅生門」に参加した。「大友良英スペシャルビックバンド」「B4楽団」「琴鼓'n管(キンコンカン)」のメンバー。オンキョウパブリッシュ社より教則本を出版している。